痛みは気分で変化しますか? - 秋田市 保戸野で腰痛 坐骨神経痛解消の整骨院

いしかわ鍼灸整骨院

Q&A

痛みは気分で変化しますか?

痛みの強さ(特に慢性痛)はその時々の気分とともに変化するように思われます。


心と身体は間違いなくリンクしていると思いますね

例えば

苦しい
イライラする
不安だ
つまらない
悲しい


などの『マイナスの気分』(書いてるだけでダメージ受けそうですね笑)の時には痛みは強くなりやすいですね


逆に


幸せだ
嬉しい
楽しい
ありがたい
ワクワクする


などの『プラスの気分』の時は痛みも軽減してる(もしくは感じない?)ような気がします。



常に『プラスの気分』でいられるのが理想的な状態でしょうが


生きていれば(痛みがあればなおさら)気が滅入ることも多々あるのが普通です



じゃあ『マイナスの気分』の時は無理やりポジティブになった方がいいの⁉︎


と思われるでしょうが、それも難しい



そもそも『マイナスの気分』に陥ってしまうのは


『小さなマイナス』を溜め込んでしまうからです


小出しに『小さなマイナス』を吐き出せば良いのです



とは言え



『苦しい』時に

『苦しい!』とただ叫んでも気持ちは虚しくなり余計に苦しくなることもあります。


じゃあどうするか



ここで私の好きな作家さん

『ひすいこうたろう』さんの吐き出し方をお伝えします。



それはマイナスの感情を素直に吐き出した後にすかさず


『いい意味で!』

と付け加えるのです。

こんな感じで



『苦しいー、いい意味で!』

『悲しいー、いい意味で!』

『あいつムカつくー、いい意味で!』

『もう死にてー、いい意味で!』



ほら、なんか『ニヤッ』となりません( ´∀`)



『マイナスの気分』を一瞬で蹴散らすマジックワード


『いい意味で!』


ぜひ皆さんも使ってみて下さいね



ちなみに心と身体がリンクしているということは


心に元気がない時


身体をケアしてあげるとあっという間に心が満たされることが多いんですよ✌︎('ω')✌︎


『なんか、元気ないなぁ』なんて時は


しのごの言わず身体動かしてしまえばいいのですよ!



いしかわ鍼灸整骨院 石川裕也

この記事を共有する

腰痛・坐骨神経痛を解消したい方へ

秋田市,秋田駅の整骨院

平日夜19時まで受付 初回割引特典あり 女性施術者在籍 妊婦さん歓迎 お子様連れOK

【初回限定】腰痛・坐骨神経痛・ヘルニアの方へ